2007年10月28日

7:2:1の法則

7:2:1の法則と言うものがあります

これはマイミクの方の主催するコミュにあったんですが

雑誌では7:3とか8:1とかまぁいろいろ解釈はあるわけです

つまり出来る社員と出来ない社員の割合・・・と言うことである

もちろん売れ筋商品と足を引っ張る商品ということでもある

不思議な物で8割の出来ない社員が会社の2割の売り上げを上げ、出来る二割が八割の利益を上げることも統計が出ているらしい・・・


ではもっと詳しい7:2:1というのは・・・

出来る社員が2割、可もなく不可もない社員が7割、いたら悪影響を及ぼす社員が1割・・・ということらしい

さらに不思議な事に出来る社員が減ると可も無く不可も無い社員が出来る社員になり、

逆にダメな社員をクビにすると7割の社員のところからダメ社員になってしまうということも統計に出ているらしい・・・


不思議な物です・・・


人間を構成する感覚も同じような感じがします

とうぜんダメダメな部分もあり、いいところもある・・・

ダメダメなところの割合が増えると堕落していき、しっかりしている割合を増やしていくとドンドン気持ちが向上していく・・・

失敗し、反省し、その繰り返し・・・


出来る人間というのはその二割を常に磨ける人間なんでしょうね・・・


つまり会社も個人も客観的に自己管理出来ないといけないということでしょうか・・・


おいらはまだまだダメな部分が多いなぁ・・・

とか思う・・・

反省反省


同じカテゴリー(雑談)の記事画像
台風前の準備
ポケモンGOでなぜ歩きスマホが無くならないのか
台風の季節
同世代の活躍と引退
奇抜なサインと正攻法サイン
医療系の勉強会
同じカテゴリー(雑談)の記事
 台風前の準備 (2016-09-16 15:43)
 ポケモンGOでなぜ歩きスマホが無くならないのか (2016-07-26 12:27)
 台風の季節 (2016-07-10 17:54)
 同世代の活躍と引退 (2016-07-07 18:45)
 奇抜なサインと正攻法サイン (2016-06-20 18:50)
 医療系の勉強会 (2016-06-12 18:43)

Posted by ロンベルク at 22:03│Comments(0)雑談
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。