2008年06月04日

サブリミナル効果

サブリミナル効果を知っているだろうか?

映画などの映像媒体にフィルムの10分の一秒とか(だったか?)の割合で広告を入れるとものすごい効果が得られると言うヤツである

実際に映画のシーンにポップコーンを入れると・・・当然コンマ何秒なので目には映らないのであるが脳には記憶されるらしく・・・

休憩時間の売店のポップコーンの売り上げが上がった・・・とかそういうものである


これはたしか現在は法律で禁止されていると思うのだが・・・


ただこれはリピーターをゲットする重要な方法だと思うのである(個人的に)


とにかく記憶に残るように・・・忘れられないように・・・脳みその片隅にでもおいてもらう工夫・・・

前にも言ったけれども既存客へのアプローチである

そういうことを続けているといざ買いたい!!と思った時にいくつかの選択肢の一つとしてお客さんは残してくれているのである

はがきであれ、メールであれ、訪問であれ・・・

看板で言えば代表的なものは野立て看板である

使い方は大きく二つに分かれるが一つは道を教える・・・もう一つは記憶に残す・・・

ただターゲットとしている地域に2つ以上立てないと記憶に残らないのだが・・・

ゆめタウンなんていうのはよく見かけるでしょ・・・いっぱい立てているから効果があるわけです

また車のステッカーのようなサインも営業地域で毎回も見ればやはり嫌でも記憶に残ってしまいます

私の会社の車もそういう効果を期待しているわけです

実際私の場合お客さんのも車を見て記憶に残った・・・そういう人が多い(作戦どうりなのである)

まだ裏技がありますが・・・


学校時代やたら目が合ってなぜか段々気になって、最後に好きになってしまう・・・そういう経験ってないだろうか?

やたら記憶に残ってしまう・・・

するとなぜか欲しくなっちゃう・・・で買いたい時に買っちゃうわけです

なので企業はCMバンバン流すわけです(とはいえ映像媒体での効果は薄れてきつつあるらしい・・・)


リピーターはとにかくマメな努力で獲得できる宝物です・・・あなたのファンです、信者です

でも意外にみんな率先してはやってはいない・・・

繁盛店への道は簡単なんですが実に地味で面倒くさい作業が多いのです・・・

そういう事を楽しく苦痛無く自然に行えるところってやっぱり繁盛店なのです


まとめ


お客さんに忘れないでもらう工夫をし続けよう



しつこいかどうかは個人個人で違ってきますが・・・それはやり方でしょう・・・やっぱり

お客さんは常に新しい誘惑に惑わされます・・・誘惑を断ち切ってあげましょう・・・

そのためには他と違うサービスしかないわけです

先にも言いましたが100人に一人が満足するサービスを目指しましょう

ただ・・・お金をかければいいってもんでは無いです・・・そこは知恵を出しましょう!!


同じカテゴリー(看板の有効的な利用をするための基礎知識)の記事画像
看板の有効な使い方(A型サイン)
フォーカスポイント
 看板の有効な使い方(A型サイン) (2016-05-16 11:40)
 フォーカスポイント (2014-12-07 18:02)
 看脚下 (2012-05-14 01:24)
 オーナー自作の看板の補足 (2012-05-07 11:03)
 集客できる看板の考え方 (2011-02-07 16:46)
 戦略的サイン (2009-10-25 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。